日本取引所グループ東京証券取引所機械計算部門から1961年(昭和36年)に分離し、半世紀以上にわたり、証券業界における情報処理機関としての地歩を固めてまいりました。
常にお客様のニーズとウォンツを的確に掴み、ご満足頂けるサービスを提案してまいります。
証券会社様の基盤業務の証券フロントシステムやバックシステム及びその他ソリューションは、絶え間なく変化する金融マーケット市場において、常に最新のサービスを提供するためにも、将来を見越した進化を続けてまいります。 今後も立ち止まることなく、豊富な証券知識・ノウハウと最新のIT技術をお客様に提供し、
全社一丸となって金融マーケット市場の発展に貢献してまいる所存でございます。

取締役会長 中村守雄







 東証コンピュータシステムは創業以来、証券・金融業界において多くのStakeholderの皆様にお力添えを頂きながら、システムの運用や開発を中心とした多様化のお手伝いをしてまいりました。
半世紀余りの時を経た昨今、証券・金融業界はかつてないスピードで変化しており、世界中のありとあらゆる情報が密接に連携し更なるボーダレス化が加速する事により、ITインフラの重要性が増してます。
目まぐるしく変化するマーケットにおいて、『証券・金融取引に関するインフラを提供し人々を幸せにする』という企業理念のもと、技術と信頼で証券&金融業界のニーズを的確に掴み満足度の高いサービスを提供し、
『新たな付加価値を追求&創造する事で、Stakeholderに必要とされる企業』を目指してまいります。

代表取締役社長 竹林義修